どじょうの国内消費の80%が輸入品という現状です。

昔は日本全国の水田や用水路、川などで見られていたどじょうですが、河川の改修や土地の改良、農薬の使用などのため、生態系が危機的状況にあるのです。調べによるとどじょうが絶滅危惧種の危機にある地域もあり、国産の安心・安全などじょうの食文化を守る為にも養殖が大きな鍵を握っているのです。

最近の投稿

どじょう養殖について

(合)マツタ食産が行っている養殖について

1

どじょう養殖について

どじょうの国内消費の90%が輸入品という現状です。昔は日本全国の水田や用水路、川などで見られていたどじょうですが、河川の改修や土地の改良、農薬の使用などのため、生態系が危機的状況にあるのです。

詳しく見る

2

組織概要

『白神どじょう』は白神山地の伏流水と豊かな土壌で育った<安心・安全>などじょうです。和食はユネスコ無形文化遺産に登録され、海外では和食ブームになっている反面、国内においては食の乱れがとても心配です。

詳しく見る

どじょうのレシピ

栄養満点、どじょうのレシピを大公開

どじょうレシピ

どじょう日記

会社紹介

『白神どじょう』は白神山地の伏流水と豊かな土壌で育った<安心・安全>などじょうです。

会社名
合同会社 マツタ食産
電話番号
0186-47-3047
所在地
〒018-3501 秋田県大館市岩瀬字羽貫谷地中島21-51
事業内容
ラズベリー・にんにく生産、どじょう養殖
URL
http://dojyo.oodate.or.jp/

お問い合わせ

資料請求もお気軽にお申し付けください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文